身体が錆びる?焦げる?

なぜデトックスが必要なのでしょう?身体が焦げる?錆びる?

STOP!-『酸化』『糖化』『炎症』

 

「身体が焦げる」「身体が錆びる」

 

え、焦げるってどういうこと︎と疑問に思われたり、不思議に感じられた方も多いと思います。もちろん、実際に火で身体を焼いたり、身体が鉄のように錆びてしまうという訳ではありません。しかしながら、同じようなイメージのことが身体の中で起こっていると思うと、心配ではありませんか?

xoteDは、そんな身体の焦げ付きや錆つきを『落とす(=デトックス)』する働きを持っています。

 

 


『酸化』『糖化』『炎症』


この3つは、病気を引き起こす原因と言われています。
この3つの状態はどのような状態なのか。それを考えてみましょう。

 


分解されにくく血管にこびりつく糖化物質


例えば、身体の焦げつきは、ホットケーキを想像してみてください

たんぱく質の牛乳や小麦粉に、糖である砂糖が加熱され、AGEsという物質が出来ます(→糖化の始まり)。

焼き始めると、いい香りがして表面に茶色い焼き目がついてくる。食事ではなんとも食欲をそそられる工程ですが、身体の中でこれが起こると百害あって一利なしです。

糖化物質は分解されにくく、これが血管にこびりつくと思わぬ病気(動脈硬化、糖尿病)を引き起こすのです。

xoteDに含まれるは、1ccあたり3,000万個の酵素を産み出します。この酵素が焦げつき=AGEs(糖化最終生成物)を排出する働きがあるのです。